RWD(レスポンシブWEBデザイン)の長所と短所について解説しています。

RWD(レスポンシブWEBデザイン)はどんなホームページに最適なのか?

ホームページ制作とWEBマーケティングのコンテンツ
ホームページ制作で選ばれる5つの理由とメリット
ホームページ制作 ライトコースと独自ドメインコースの違い
ホームページの制作事例
ホームページ制作関連の各種サンプル紹介
スマートフォン専用ホームページ制作のご提案
チラシのポスティングサービス
府中の家頁屋さん(コムフィック)のスタッフ紹介
会社案内ホームページ制作プラン
地域型ビジネスのスマートフォン専用ホームページについて
歯科医院のホームページ制作による集患(集客)実績
「集客のできる商用ホームページ」とは・・・
集客できるホームページ制作に不可欠なSEO対策とは?
キーワード広告(PPC広告)は低コストで効率的なおススメの集客方法!
Googleマイビジネスであなたのお店や事業を無料で宣伝しよう!
地域密着型ビジネスではホームページとチラシが効果抜群!
反応率アップ、反響率アップのチラシ集客支援ホームページ
地域密着型ビジネスには絶対に必要なMEO対策とは?
Googleマップで上位表示できる『MEO対策PDF解説書』の限定販売についてのお知らせ
ホームページ制作と開設についてのお問合せはこちらから・・・
QRコード
KENT WEBライセンス証
レスポンシブ・ウェブデザイン(RWD)について
レスポンシブ・ウェブデザインとは
1つのホームページですべてのデバイス(パソコン、タブレット端末、スマートフォン)に対して画面を最適化して表示するものをレスポンシブ・ウェブデザインと呼びます。
レスポンシブ・ウェブデザインの見本:Gショック≫オフィシャルサイト≫
レスポンシブ・ウェブデザインのサンプル
↓↓↓【参考】EC-CUBEで、レスポンシブWebデザインを始めよう!↓↓↓
レスポンシブ・ウェブデザインの長所と短所
レスポンシブ・ウェブデザインの長所
Googleが推奨している
でもGoogleは検索エンジンにはレスポンシブ・ウェブデザインを採用していない・・・≫Googleウェブマスター向け公式ブログ
ホームページのメンテナンスが楽!
ホームページの更新やページ追加作業などが一回で終了するため運用が楽で
ランニングコストが安く済む。
SEO対策を行う作業が簡単である
ホームページのURLが1つのためSEO対策を行う作業が簡単である。
※ただし検索結果のランキングとは無関係です。
レスポンシブ・ウェブデザインの短所
制作費用が割高になる
構築が複雑になるためはじめにホームページを制作する費用(イニシャルコスト)が高い。
スマートフォンでは重くなる
元はパソコン用ホームページなのでサイズの大きな画像データなどは表示速度が遅くなる。
パソコン用ホームページを見ようとしても閲覧できない
スマートフォンやタブレットでパソコン用ホームページを閲覧できない。
Google曰く「レスポンシブ・ウェブデザインを使用することが適切とはいえない状況があることを理解しています。」
こんなホームページにはレスポンシブウェブデザインをお勧めします
企業間取引(BtoB)のホームページにはおススメです。
例)企業案内や目的がブランドイメージの向上であるホームページ
情報を一方的に発信するだけのホームページにはおススメです。
例)ブログ、大学のホームページ、オフィシャルサイトなど。
こんなホームページにはレスポンシブ・ウェブデザインは不向きです
集客のためのホームページ
スマートフォンから閲覧しているターゲットユーザー(お客様)に対して何かしらの行動や反応を目的としたホームページにはデザイン等の自由度が少ないため不向きです。
※行動や反応=カートから「購入」、電話による「予約」や「問合せ」など
レスポンシブ・ウェブデザインを採用していないホームページ
ポータルサイト:
≫Yahoo!(日本最大のポータルサイト)
≫ジョブセンス(アルバイト求人サイト)
≫じゃらん(旅行専門サイト)
ECサイト(通販サイト):
≫楽天市場
≫アマゾン
≫ヤフーショッピング
レスポンシブ・ウェブデザインについてのまとめ
【参考サイト】
≫レスポンシブ・ウェブデザインは上位表示に有利ではない。デメリットもある。
≫レスポンシブ・ウェブデザインは万能ではない。具体例を示そうか!
ご質問、お問合せはこちらをご覧下さい
このページのトップへ戻る