地域型(店舗型)ビジネスのホームページ制作でスマートフォン対策を行なえば集客に効果的です。

地域型(店舗型)ビジネスの集客に効果的なスマホ専用ホームページの対策は早急に必要です。

ホームページ制作とWEBマーケティングのコンテンツ
ホームページ制作で選ばれる5つの理由とメリット
ホームページ制作 ライトコースと独自ドメインコースの違い
ホームページの制作事例
ホームページ制作関連の各種サンプル紹介
スマートフォン専用ホームページ制作のご提案
チラシのポスティングサービス
府中の家頁屋さん(コムフィック)のスタッフ紹介
会社案内ホームページ制作プラン
地域型ビジネスのスマートフォン専用ホームページについて
歯科医院のホームページ制作による集患(集客)実績
「集客のできる商用ホームページ」とは・・・
集客できるホームページ制作に不可欠なSEO対策とは?
キーワード広告(PPC広告)は低コストで効率的なおススメの集客方法!
Googleマイビジネスであなたのお店や事業を無料で宣伝しよう!
地域密着型ビジネスではホームページとチラシが効果抜群!
反応率アップ、反響率アップのチラシ集客支援ホームページ
地域密着型ビジネスには絶対に必要なMEO対策とは?
Googleマップで上位表示できる『MEO対策PDF解説書』の限定販売についてのお知らせ
ホームページ制作と開設についてのお問合せはこちらから・・・
QRコード
KENT WEBライセンス証
地域型(店舗型)ビジネスは、“今”スマートフォン対策をしないと3年後には・・・
Googleのモバイル検索の「スマホ対応」ラベル表示のサンプル画像
Googleがモバイル検索結果に「スマホ対応」ラベル表示を開始
2014年12月10日よりスマートフォンからGoogleでモバイル検索を行った場合に「スマホ対応」ラベルが表示されるようになりました。
これはスマホ専用ホームページであることをスマホユーザーが「すぐ判別できる」ための配慮となっています。

このラベル表示でスマホユーザーには、次のようなメリットがあります。
ラベル表示前
検索結果からホームページを閲覧しないとスマホに対応しているか否かが判らなかった。
ラベル表示後
検索結果でラベル表示があるとスマホ対応ホームページだけを効率よく閲覧することが可能となった。
そして、ついにGoogleが2015年4月21日からスマホ対応しているか否かをモバイル検索のランキング要因として使用することを決定しました。
詳細はこちらをご覧ください。
■追記@■ 2016年8月31日(水)
 Googleの検索結果に表示されていた「スマホ対応」ラベルが廃止されました。
今後ラベルが非表示でもスマホサイトの不具合によるものではありません。
詳細はこちらをご覧ください。
■追記A■ 2016年11月21日(月)
MFI(モバイルファーストインデックス) の実施について
10月中旬にGoogleより検索エンジンの仕様がPCサイトからスマホサイトへ移行することが発表されました。

現在は、PCサイトの評価をもとにして検索順位が決定されています。
それがMFI(モバイルファーストインデックス)実施後にはスマホサイトの評価をもとにして検索順位が決定されます。ただしMFIの実施時期は未定。
詳細は下記ページをご覧ください。
GoogleからのMFI公式告知ページ
急増している今どきのスマートフォンユーザー(消費者)の3つの行動ステップ
ステップ1:スマートフォンで地域のお店やサービスをインターネット検索で探す。
ステップ2:スマートフォンでホームページを閲覧してお店やサービスを比較検討して選択。
ステップ3:選択したお店やサービスのホームページからワンタッチで電話をして「注文」「予約」「依頼」「問合せ」をする。
スマートフォンには地図機能やGPSによる現在地情報があるため地域型ビジネス(店舗型ビジネス)とは相性が抜群に良いデバイスです。
そしてスマートフォンはインターネットを閲覧するための『手のひらサイズのパソコン』ではなく『電話』なのです。
スマートフォン(スマホ)対策はライバルが少ない今がビッグチャンスです。
現在、O2Oビジネスではスマホ対策は必須となっています。
※O2O=おーつーおー/オンライン ツー オフラインの略
【参考サイト】
ネットの価値をリアルビジネスで活かす〜送客だけではないO2Oの効果〜 富士通WEBサイト『Webインテグレーションコラム』への外部リンク
富士通WEBサイト『Webインテグレーションコラム』
スマートフォンによるインターネット利用コンテンツ『ベスト3』
スマートフォン専用ホームページが効果を発揮する業種とは・・・
お客様から「ご注文」「ご予約」「ご依頼」「お問合せ」の電話が欲しい業種
緊急性に対応するサービスを提供している業種
士業全般
女性や若い人たちが多く利用する業種
その他の業種(習い事全般、飲食店)
スマートフォン市場の急激な拡大と普及率
【棒グラフ】携帯電話とスマートフォン契約数の推移と予測
★今後のスマートフォン普及率について★
 野村総合研究所(NRI)では2017年度(2018年3月期)までにスマートフォン契約件数は9,000万件規模まで拡大していくと予測しています。
それは、消費者の4人中3人がスマートフォンを使用するということです。
つまり、消費者の4人中3人がインターネット検索を利用するのです。
 旅行専門サイトの『じゃらん』ではスマートフォンによるホームページの閲覧後にユーザーの98%がインターネット予約フォームからではなくスマートフォンからの電話予約によるものです。

現在、業種によってはホームページを閲覧するユーザーの80%以上がスマートフォンからのアクセスとなっています。
今後、スマートフォンを使用して
インターネット検索⇒ホームページ閲覧⇒お店やサービス提供先へ電話
という行動をするユーザーが急激に増加するのは確実です。
スマートフォン(スマホ)から「注文」「予約」「依頼」「問合せ」
スマートフォン対策に抜群の効果を発揮するPPC広告
 お店やサービス先を探しているユーザーがインターネット検索を使用する目的のひとつは複数のお店やサービス先を比較検討するためです。

 しかし、スマートフォンでインターネット検索するユーザーはパソコンのユーザーよりもお店やサービスの比較検討をあまり行なわない傾向があります。

つまり、「地域名+業種名」や「地域名+サービス名」などのキーワード検索結果で1ページ目の最後まで閲覧するユーザーは少ないのが現実です。
また2ページ目まで閲覧するユーザーはほとんどいません。
そのため「地域名+業種名」や「地域名+サービス名」などの
キーワード検索結果で
いかして早く検索ユーザーにお店やサービスを認知してもらうか!
という事が大変重要なポイントとなります。
 そしてスマートフォンでインターネット検索を行うと検索結果画面に最初に表示されるのはPPC広告欄です。
※画面最上部に2〜3つのPPC広告が表示されます。
このPPC広告はスマートフォンで集客する場合には必要不可欠なものとなります。
≫PPC広告(キーワード広告)の詳細はこちらをご覧ください。
インターネット検索後のPPC広告の表示画面
≫レスポンシブ・ウェブデザイン(RWD)についてはこちらをご覧ください。
最後までお読み頂いた事業主様へ
ご質問、お問合せはこちらをご覧下さい
このページのトップへ戻る
お問合せページ